日記Vol8/仕事とその暇の間

職を転々として、今更ながら気付く事がある。
自分の性格を正確に知る重要性。

あ?ギャグじゃないよ?
いやね、この前、職場でその日のタスク?っていうかマストの仕事がだいぶ軽かったのよ。
で、そんな軽さだから仕事をサクサク進んで15時ぐらいから手隙の時間が増えちゃったらもう、就業時間の18時までが長い事長い事wwww

勿論、やる事はあったんだけど、それ自体は今後の仕事を楽にするためであって急ぎじゃない上にやる気が起きなくて…。

こんな時、二パターンの人間がいるわけです。

ボーッと出来る人間とできない人間。
私は確実に後者なわけ。だからと言って、ずーっと仕事してたい人間でもない。
仕事の時間は仕事の事で頭をいっぱいにしたくて…けど、仕事は定時になったらスパッと終わりにしたいというなんとも贅沢な人間なわけで(`・ω・´)
要は仕事は仕事で割り切ったうえにその精神的ストレスを持ち込みたくない人間www

元々、仕事の合間に発生した空き時間に対してすごい苦痛に感じるんですよ。
ここでいう空き時間というのは、マストの仕事がなくて自由裁量で仕事を進められる時間を指します。 なぜなら、空いた時間=完全フリーダムな時間じゃないから。

更に言えば、プライベートでも結構忙しない生活をしてます。
料理やテレビ、ゲームをしながら音楽かけたり、掃除、洗濯、買い物をしたり、漫画読んだりネットしたり、それでも暇になったら最終手段が昼寝です。
そんな自分にとって仕事中に発生する空いた時間というのは、自由に過ごす事ができない縛られた自由なんで、上記で言ったように苦痛に感じやすいわけです。

まぁね、よく就職とか転職の時に自己分析をしましょうとかあるけど、何が嫌なのか?一番苦痛に感じることは?ネガティヴ思考に陥るときはどんな時か?というのをはっきりさせておくのは重要だと思う。

正直、会社への帰属意識とかやりがいとかそんなんどうでも良いと思ってます。
安い給料で仕事をさせられて、さぁ会社に感謝しろ!とかやりがいやりがい!と言われてもなんの感情も湧くわけない。
プライベートを楽しくするための仕事?結構なことじゃないですか。

少なくとも、私自身はプライベートのために仕事をしています。その上で、仕事中に暇な時間ができるのを嫌います。 だからこそ、今の仕事は続けられます。
途切れることなくPCのキッティングをしていると1日が終わりますし、基本的に残業NGなんで定時になったらほぼほぼ帰れます。

取り留めない話ではあったけど、結論はシンプル。

俺は仕事中に空いた時間が大っ嫌い!っこと!