日記Vol11/ITとコミュニケーション

世間がお盆休みでも、私は3連休後は即仕事!ということで、電車の中で書いています。
そのうえ、昨日はワイシャツのボタンが取れたので自分で縫い付けました…。
本格的に主夫を目指せそうな雰囲気たっぷりだな。誰か俺を雇ってみないか?www

本日の小話:IT業界人のコミュニケーション下手イメージ

結構、耳にすることが多い『IT業界人のコミュニケーション下手イメージ』について、ボンヤリと考えてみたんです。

結論

早速で悪いんですが、結論を先に書きますわ。
結論として、
『そうなりやすい環境にいることが多い』とは思います。

※以下、個人的な主観を多分に含む。

理由

自分がIT業界に関わっていると、よく感じる部分です。
他の業種でもいるにはいると思うんですよ、頭の中で結論を出して相手も知っていると踏んで話してて細かい部分まで言葉にしない人って。
ただ、その割合がIT系は多い気がします。
んじゃ、どんな理由なんだろう?と考えて出た結論は。

喋り慣れていない

当たり前だろ!って思いますが、まぁまぁ聞いてくださいよ。

極端な話、IT系の多くは技術職ですので、技術が求められます。現代社会の職人に近いかもしれません。
で、その中で話していくと、どうなるか…?

「知っている分かっているが前提の話し方になる」ってことです。
知ってて当然、分かって当然、当たり前のことetc....

こうなると何が起こるかっていうと、相手が理解できないんです。
すると、イコール「IT業界の人ってコミュニケーションが下手なのかなー」と感じるわけです。

んじゃ、なんでそう感じるのか?
それは、クライアントは職人じゃないことが大多数です。

でも、職人さんたちは普段職人に囲まれて仕事をしているわけです。そういう弊害に気づきにくいんです。
なんだけど、年齢を重ねたり現場を長く経験すると、「意見を求められる」「リーダーを務める」ことが増えていきます。
このタイミングで急に職人から営業さん的な仕事をするようになるわけです。

そうなると、喋り慣れる期間がほぼ無いため、上のような印象を抱かれるのかなーと。

ちなみに自分はお世辞かもしれませんが、「え?IT業界?コミュニケーションが苦手な人ばかりってイメージとかけ離れるね!」なんて言われて、営業職とかどう?とか言われることもチラホラ…www

対策

対策って何があるんだろう?って考えました。
結局、喋るしかないんです。(ォィ

ただ、友達と雑談してればいいって話じゃないよ。

問題は「知っている分かっているが前提の話し方」
こいつを直さないと意味が無いので、どうするか?
『自分の仕事の内容を事細かく誰かに説明してみる』が一番手っ取り早い。この時の誰かは、基本的にIT何それ美味しいの?レベルであること推奨w

こうすると、かなりのレベルで噛み砕かないと全然全くと言っていいほど伝わりません。
それでいいんです、練習なんだから。
相手の知識レベルや話し方、性格などに合わせて、絵や図を使い、時にはたとえ話も使って説明をする。そうやっていくと、自然と「相手に合わせたコミュニケーション」に慣れていきます。
勿論、職人さん達と話すことも大事っす。
けど、いずれ職人さん以外の普通の人たちと話すことになるんですから、慣れとけって話っす。